矯正の種類と特徴とは

矯正の装置には、種類があり、それぞれ特徴があります。

まず、一般的に矯正と言うと思いつくのが、金属ブラケットです。



丈夫で費用も定額なのですが、目立ってしまうというデメリットがあります。
ブラケットが透明や白などの目立たない色で、審美性が高い装置の審美ブラケットは、セラミック製、ジルコニア製、プラスチック製などがあります。従来の装置よりもワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させて、痛みを軽減させながら、スピーディーに歯を移動させることができる、セルフライゲーションブラケット。



舌側矯正は歯の表側ではなく、裏側に装着するため、表側から見えないことで、周囲に気が付かれずに治療をすることができますが、慣れないうちは喋り辛かったり、舌を傷つけてしまったりしますが、慣れれば問題なくなります。


ワイヤーやブラケットを一切使わないマウスピース矯正は、装置が薄いため、周囲に治療していることが気づかれにくく、装着時の違和感や不快感が少ないことと、一日に決まった時間装着していることで、取り外すこともできるのも特徴です。矯正の治療は、子供の頃にやるというイメージが強いものですが、大人になってからでも治療を受けることができます。

その際に、仕事などで装置が見えてしまうと困るなどの場合には、目立たない装置を使うなどの方法があり、治療中の見た目なども含め、それぞれの特長を生かした自分にあった治療法を医師と良く相談して決めることが大切です。




Copyright (C) 2015 矯正の種類と特徴とは All Rights Reserved.